真空コンクリート⼯法

真空コンクリート⼯法

関西真空にお任せください

⺠間⼯事・公共⼯事など様々な建設現場で導⼊されている技術です
真空コンクリート⼯法は道路や⽴体駐⾞場の坂道に多く使われています

クラック軽減 耐摩耗性の向上 早期解放

真空コンクリートとは

昭和29年に⽇本で初めて真空コンクリート⼯法が⽣まれて以来安全で機能的な真空コンクリートが様々な場所で活⽤されています。

コンクリート打ち込み後(30分〜)真空ポンプでコンクリート内の余剰⽔・巻き込みエアー等を脱⽔・除去する⼯法です。

図1 図2 図3

原理 特長 目的

主な特徴

  • •高強度
  • •早期解放
  • •耐摩耗性
  • •凍害減少
  • •クラック低減
  • •低コスト
  • •凍害
  • •景観美
  • •耐久性向上
  • •工期短縮

コンクリートで重要なのは、水とセメントの比率です。
コンクリートに含まれる水分が少なければ強度は増しますが、空隙が出来やすくなります。真空コンクリートパネル工法はこれらの問題を解決した方法です。
打設直後のコンクリートに含まれる余剰水や気泡を抜いて水セメント比(W/C)を下げ(普通コンクリートに比べ、W/Cは3~6%低下)、大気圧を利用して締め固めるので、初期強度は増大します。
養生期間は、通常の湿潤養生に比べ約半分ですみ、早期解放が出来るので、道路舗装や路面補修には極めて有効な工法です。

真空にすることで、コンクリート表面が大気圧に押されて締め固められて緻密になり、コンクリートの表面硬度が増大します。その結果、耐摩耗性は普通に打設したコンクリートに比べ、2.0~2.5倍向上、表面の固さも50~60%も向上します。

このことから、交通量の多い車道や駐車場進入路などの表面摩耗を防ぎ、長年の供用にも充分耐えうる強度を有しているので、メンテナンス費用を低減できる工法です。

真空コンクリート工法は、コンクリートの硬化に不必要な水を除去するので、凍害の可能性が減少します。また、硬化収縮量が減少するので、乾燥収縮によるひび割れも低減します。

真空コンクリートの原理

  • コンクリートの原理1

    1.打設後のコンクリート面に真空パネルをかぶせます。

  • コンクリートの原理2

    2.真空ポンプで真空パネルとコンクリート面に真空状態をつくりだします。

  • コンクリートの原理3

    3.真空パネルを上面より大気圧を作用させて、コンクリート中から水和に不必要な水分を除去し、水セメント比を小さくします。

  • コンクリートの原理4

    4.コンクリートが締め固められ、強度、耐摩耗性が増大します。

トップへ戻る